公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 Yoshida Hideo Memorial Foundation

事業内容


ホーム >> 事業内容 >> 研究助成 >> 過去の研究助成テーマ一覧

過去の研究助成テーマ一覧

平成11年度(第33次)

研究者の肩書きは論文報告書提出時の所属となっています
常勤研究者
研究テーマ 研究者氏名 所属
ブランド構築における広告表現の
一貫性に関する研究
青木幸弘 学習院大学・
経済学部教授
消費者価値をもたらす消費経験の
探求と広告への応用
桑原武夫 慶應義塾大学・
総合政策学部
専任講師
新興市場における多国籍企業の広告活動
〜広告戦略の一貫性と有効性に
 関する研究〜
リン
[リン]
神戸大学大学院・
経営学研究科
助教授
統合的ブランド・コミュニケーション
構造の研究
〜ブランドの4つの視点と3つの
 便益を中心に〜
陶山計介 関西大学・
商学部教授
日本企業の産業広告活動に関する
実証研究
高嶋克義 神戸大学・
経営学部教授
韓国若者の日本キャラクター意識
と対日イメージ形成
朴 順愛 湖南大学校・
外国語学部
助教授
広告の流通への効果についての国際比較
〜日本と北米のスーパーの
 バイヤーの意識と行動〜
濱岡 豊 慶応義塾大学・
商学部助教授
EU統合に直面するフランスの
広告業界
〜国際広告と広告媒体の変動〜
原 輝史 早稲田大学・
商学部教授
ブランド・エクイティの測定と評価
〜財務・会計的始点と消費者態度
 始点からのアプローチ〜
福田淳児 法政大学・
経営学部助教授
日本の消費者はタフな消費者か?
〜外資系企業の日本の消費者
 認識と広告・マーケティング戦略
 の分析〜
三浦俊彦 中央大学・
商学部教授
大学院生
研究テーマ 研究者氏名 所属
環境広告が企業イメージに及ぼす
影響に関する研究
〜日本・タイ・米国・中国の
 新聞広告分析〜
ウォラワン・
オンクル
タラクサ
東海大学大学院・
文学研究科
情報発信とブランド・マネジメント
組織
小川浩孝 法政大学大学院・
社会科学研究科
消費者の意識レベルの価格感度に
与える広告の影響に関する実証
分析
奥瀬喜之 小樽商科大学・
商学部商学科
助手
インターネット広告の
コミュニケーションに関する研究
川辺なおり 青山学院大学
大学院・
経営学研究科
前注意的な反復接触から生じる
意図的情報処理の検討
神原由美子 青山学院大学
大学院・
文学研究科
ギフト市場における
広告マネジメントのあり方
〜ギフトの意味生成メカニズムに
 関する実証的研究を
 手がかりに〜
木村純子 神戸大学大学院・
経営学研究科
ショッピングセンターにおける
広告と戦略
小宮一高 神戸大学大学院・
経営学研究科
日本と台湾の新聞広告に関する
比較研究
〜自動車広告を対象として〜
崔 慈芳 千葉大学大学院・
自然科学研究科
消費者の視点から見た医薬品広告の役割
〜感情的反応と認知的反応の
 概念を用いて〜
冨田健司 早稲田大学
大学院・
商学研究科
広告における画像情報の記憶に
関する基礎的研究
富田元子 千葉大学大学院・
自然科学研究科
シニアビジネス市場における
マーケティング・コンセプト
〜シニアのライフスタイルと
 マーケティング・ポリシー〜
中谷晋輔 慶應義塾大学
大学院・
政策メディア
研究科
異文化間の広告グローバル・
スタンダード(Ⅱ)
〜商品と広告の受容性と類似性を
 中心に〜
柳 臻亨 東京経済大学
大学院・
経営学研究科