公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 Yoshida Hideo Memorial Foundation

事業内容


ホーム >> 事業内容 >> 助成研究吉田秀雄賞 >> 過去の受賞研究

過去の受賞研究

平成28年度・第15回

第15回「助成研究吉田秀雄賞」決定
―「吉田秀雄賞」6年ぶりの選出―

当財団は、第15回「助成研究吉田秀雄賞」の受賞者を決定しました。本賞は、当財団が行っているマーケティング及びコミュニケーションに関する研究助成事業の成果の中から特に優れた研究を顕彰するものです。選考委員会(選考委員長 亀井昭宏早稲田大学名誉教授)による厳正な審査の結果、平成28年度に当財団が助成した研究成果(常勤研究者の部5件、大学院生の部6件)の中から、下記の方々が受賞されました。最高賞の「吉田秀雄賞」は、第9回以来、6年振りの選出となります。
贈賞式は、11月9日(木)当財団で開催されました。
常勤研究者の部
吉田秀雄賞
テーマ 良いクチコミの悪い働き―「疑念効果」の発生と抑制
代表研究者 久保田 進彦
(青山学院大学経営学部マーケティング学科教授)
共同研究者 澁谷 覚
(学習院大学国際社会科学部教授)
大学院生の部
奨励賞
テーマ クロスメディア環境下におけるオンラインビデオ広告の効果
代表研究者 渋瀬 雅彦(法政大学大学院経営学研究科博士後期課程)
※受賞者の肩書きは成果提出時のもの
※常勤研究者部門の準吉田秀雄賞/奨励賞、大学院生部門の吉田秀雄賞/準吉田秀雄賞は
  該当無し