調査データ

当財団が毎年実施している消費者標本調査の結果データです。
研究者の⾃由な活⽤に資するため、オープンデータベースとして無償で提供しています。

この調査では、研究者グループの協⼒のもと対象者属性のほか情報・消費者⾏動、⽣活意識などを幅広く体系的に聴取しています。専⽤のモニターパネルを組み毎年定点で調査しているため、経年⽐較が可能です。
原則として年2回、約5,000件のサンプル数を回収します。
調査データは、ローデータをエクセル形式とともにSPSSのsav形式で提供しています。
以下から過去のデータをダウンロードできます。

研究支援消費者調査データ

表示
現在公開:2021年度 上期〜2019年度 上期

調査概要

  • 調査地域:⾸都圏+近畿圏(東京、神奈川、埼⽟、千葉、⼤阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌⼭)
  • 調査対象:満15歳〜64歳の男⼥個⼈(財団専⽤モニターパネル)
  • 調査項目:生活全般、消費・情報関連、広告・媒体関連等
  • 調査方法:Webアンケート調査
  • 調査期間:
    【上期】2019年4月19日(⾦)〜4月25日(⽊)
    【下期】2021年4月16日(金)~4月22日(木)
  • 回収サンプル:
    【上期】5124名
    【下期】5314名
  • 調査会社:
    マイボイスコム(株)

お願い: このデータを使⽤して、論⽂等を発表する場合には、『本データは、公益財団法⼈ 吉⽥秀雄記念事業財団の20○△年度の研究⽀援調査結果を使⽤』など出所を記してください。また、出典元のある設問については、その明記をお願いします。出典は「回答データ」ファイルの「調査概要」に記載されています。

(参考)旧オムニバス消費者調査データ

表示
2018年度〜2001年度データ
留置調査法で実施

調査概要

  • 調査地域:⾸都30km圏
  • 調査対象:満15歳〜65歳の⼀般男⼥個⼈
  • 調査項⽬:⽣活全般、広告・媒体関連、消費購買関連等
  • 抽出⽅法:ランダムロケーション クォータサンプリング
  • 調査⽅法:調査員の訪問による質問紙の留め置き・回収調査
  • 調査期間:調査実施:毎年6⽉実施
  • 回収サンプル数:約750名
  • 調査会社:(株)電通マクロミルインサイト