Vol.74 WINTER 2020

「食」を変えていく新視点

気候変動や自然災害、リモートワークの普及は、食の環境を大きく変えた。このような変化に対して、テクノロジーの活用や異業種からの参入など、新たな動きが起こっている。「食」は、生きる糧を超え、より良い暮らしに欠かせないコミュニケーションとして捉えられている。 未来社会に向け、安全を確保しながら、豊かな社会をいかに築いていけるのか。本特集号では、研究と実務の立場から、未来を見据えた取り組みを紹介する。

PDFで見る掲載記事・写真等の無断転載はご遠慮ください

特集

新視点のフードイノベーション
田中 宏隆
(株)シグマクシスディレクター
持続可能な農業を実現し、生活者を豊かに
及川 智正
農業総合研究所代表取締役会長CEO
北海道に見る、農業が支える地域社会
小林 国之
北海道大学大学院農学研究院准教授
パッケージで挑む、食の課題解決
吉川 正浩
大日本印刷(株)包装事業部マーケティング戦略本部本部長
高森 寛子
同社同事業部同本部事業開発部マーケティング推進グループリーダー
テクノロジーで創造する、地球に優しい食肉
仲村 太志
日清食品グループグローバルイノベーション研究センター 新規事業推進室 兼 健康科学研究部課長
日本の発酵食品が有する世界的な文化価値
北垣 浩志
佐賀大学教育研究院自然科学域農学系教授
昆虫食から考える未来の食ビジョン
篠原 祐太
レストラン「ANTCICADA」代表
人をつなげるフードトラック
森口 拓也
(株)Mellow 共同代表
食が守る地域の暮らしとコミュニケーション
米田 佐知子
子どもの未来サポートオフィス代表
竹之内 祥子
okatteにしおぎオーナー

特別寄稿〈ニュー・トレンド〉

リジェネラティブ・ブランドの台頭
楓 セビル

BOOK

江戸の広告作法 えどばたいじんぐ

Museum Report

企画展紹介

2019年度助成研究サマリー紹介③

武部 貴則 松井 彩子

Information

第18回「助成研究吉田秀雄賞」受賞者決定